ビジネスバッグ選びのヒント

失敗しないスーツケース選びのポイント

失敗しないスーツケース選びのポイント 海外出張に必須のビジネスアイテム、スーツケースの失敗しない選び方を紹介。初めてスーツケースを買おうと思っている方はもちろん、今使っているスーツケースがシックリきていない方も必見です。スーツケースを選ぶときのポイントや購入するうえで知っておきたいスーツケースの豆知識を紹介します。

スーツケースのサイズ選び

スーツケース選びはサイズ選びといっても過言ではない!

ビジネスシーンでスーツケースを使うのは、長めの宿泊出張、特に海外出張で使うことが多いと思います。
荷物が多い宿泊出張では、収納能力と機動力を兼ね揃えたスーツケースがとても便利ですが、そのスーツケースのメリットを活かすためには、出張期間に合わせたスーツケース選びがとても重要になってきます。
当たり前ですが持って行こうと思った荷物が入らなければ使い物になりません。逆に大は小を兼ねるで、大きいスーツケースを選んでしまうとせっかくの機動力を失ってしまいます。
とはいえ、いろいろなスーツケースをたくさん購入するのはもったいないので、出張期間に合わせて、どのようにスーツケースを選べば良いかを紹介します。 スーツケース選びはサイズ選び まず出張期間によってスーツケースのサイズはおおよそ決まります。
下表のように出張期間によってスーツケースの容量を5つに分類できます。容量は占有容積ではなく収納容量です。またサイズはメーカによって称呼の仕方が異なるので、目安としてください。
サイズの選び方としては、収納能力と機動力を最大限に活かすなら、各出張期間に合ったサイズを選ぶ(つまり5種類のスーツケースを持っておく)のがベストですが、お金も保管場所も取ります。なのでコストと機能性のバランスを考えたベターな選び方としては2つの出張期間を1つのサイズで兼用するのがおすすめです。
つまり1泊から4泊の出張に30~50Lぐらいのスーツケース、5泊から10泊の出張に70~90Lぐらいのスーツケースを使うという感じです。これなら2種類のスーツケースがあれば、おおよその出張に対応することができます。
30~50Lの間でどのぐらいのサイズ(小さめ?中間?大きめ?)を選ぶかは、のちほど説明するサイズ選びの注意点を参考にしてください。

スーツケースの収納容量と出張期間の目安
宿泊日数 収納容量 サイズ
1~2泊の出張 20L~45L SSサイズ~Sサイズ
3~4泊の出張 45L~60L Sサイズ~Mサイズ
5~7泊の出張 60L~80L Mサイズ~Lサイズ
7~10泊の出張 80L~100L Lサイズ~LLサイズ
10泊以上の出張 100L~ LLサイズ

スーツケースのサイズ選びで注意するポイント

出張する季節によってもスーツケースのサイズが少し変わります。特に海外出張の場合は出張先の気候も配慮する必要があります。暑い季節よりも寒い季節のほうが衣服、着替えが嵩張るので大きめのサイズが必要になります。冬の出張時には夏の出張時に使用していたスーツケースよりも1サイズ大きめのスーツケースが必要になる感じです。
また同じ出張期間でも下着や着替えを余分に持って行ったりと荷物が多めの方も大きめサイズを選ぶといいでしょう。逆に出張先でクリーニングに出したり、洗濯したりする方は小さいサイズでもOKです。
さらに帰宅時に荷物が増える可能性があるかどうかも考慮しておきましょう。お土産や出張先から持ち帰るものがある場合にはその分、大き目のものを選ぶように注意しましょう。出発時にピッチリ荷物が入っている状態では、必ず足らなくなります。逆にお土産を持って行って渡す方なら、帰るときには荷物が減ることになるので、ギリギリでもOKです。
初めての出張でサイズ選びに迷っている場合、Lサイズ(約80L)ぐらいまでなら、大き目のものを選んでおくほうが良い選択だと思います。つまりSサイズ(約45L)かMサイズ(約60L)で迷っているなら、Mサイズ(約60L)を選んだ方が良いと思います。
大は小を兼ねるということと、そのぐらいの差なら機動力を大きく損なうこともないのと、慣れない初めての出張で持って行きたい荷物を減らすというのはなかなか難しいからです。
ただしLLサイズ(約100L)になるとかなり大きく嵩張るのと、LLサイズクラスのスーツケースは「無料受託手荷物」の制限合計サイズを超える場合があり、超過手荷物料金が発生する場合があります。また行き先によっては大きさ(寸法)だけではなく重量による規定もあります。LLサイズのスーツケース選びは、航空会社の手荷物に関する規定を確認の上、慎重に選びましょう。
スーツケースのサイズ選びは慣れないとなかなか難しいので、どんなサイズが使いやすいのか分からない最初のうちはレンタルするというのもアリです。また長期の出張はめったにないという方なら100Lサイズのスーツケースは高価ですし、保管場所も取るので、大きなサイズのスーツケースだけはレンタルするというのもアリです。
サイズ選びとは関係ありませんが、リモワなどの高級なスーツケースを購入する前に試したいということでスーツケースレンタルを利用する方も多いみたいで、お手頃なレンタル価格から高級なスーツケースのレンタルまで、いろいろな会社がスーツケースのレンタルを提供しています。また大手の会社が運営しているので安心して利用できます。

スーツケースのレンタルショップ

利用の頻度が少ない方はレンタルのほうがお得です。どのサイズがどのブランドがいいか迷っている方はレンタルで実際使ってみるのはおすすめです。


スポンサードリンク

スーツケースのタイプ選び

スーツケースは、ハードラゲージの方が良い?ソフトラゲージの方が良い?

スーツケースのサイズがおおよそ決まれば、次はスーツケースのタイプ選びです。スーツケースのタイプにはソフトラゲージとハードラゲージがありますが、どちらが良いか悩まれている方も多いと思います。
ソフトラゲージとハードラゲージを比較してメリットとデメリットをまとめると下表のようになります。
(あくまでも比較してのメリット・デメリットなので、例えばソフトラゲージが必ずハードラゲージよりも安いというわけでありません。)
それぞれ一長一短があり、選ぶのは難しいのですが、
飛行機を使った出張で手荷物を預ける(受託手荷物)なら防犯性能の高いハードラゲージがおすすめです。
それ以外の場合、飛行機を利用しない出張や飛行機を利用する出張でも機内持ち込みをするなら軽くて移動が楽なソフトラゲージがおすすめです。
目的や用途に合わせて選ぶことが重要です。例えば、雨や輸送時の衝撃から荷物を保護したいという場合にはハードラゲージのほうが圧倒的に適しています。

スーツケース ソフトラゲージとハードラゲージを比較、メリットとデメリット
種類 メリット デメリット
ソフトラゲージ 軽いので持ち運びが楽
・価格が安い
・機内持ち込み可能なサイズのラインナップが豊富
・収納ポケットが多く、整理整頓がしやすい
・片開きで使いやすい
強度が低い(摩擦に弱い)
・防犯性能が弱い(カッターなどで盗難に会うケースがある)
・耐久性が低い(劣化しやすい)
・耐水性が低い(雨に弱い)
・衝撃が荷物にそのまま伝わりやすい
ハードラゲージ 耐久性が高い
・耐水性が高い(雨水が侵入しにくい)
・防犯性能は高い
・荷物が壊れにくい
・大きなサイズの品揃えが豊富
重い
・価格が高い
・収納ポケットが少なく、小物整理には不向き

スーツケースの材質選び

ハードラゲージは材質によって大きく特長・価格が違う

スーツケースの材質は大きく3つに分類できます。
1つはナイロンなどの素材を用いたスーツケース。ソフトラゲージと呼ばれるタイプのものです。ソフトラゲージにはレザー(革)製のものもありますが少数派なので、ここでは説明を省きます。
残りの2つは、ABS樹脂やポリカーボネートなどのプラスチック素材を用いたものとアルミニウム合金(ジュラルミン)などの金属を用いたものになります。ハードラゲージと呼ばれるタイプのものです。
重さで比較すると、一般的に
ナイロン<ポリカーボネート<<ABS樹脂<<アルミニウム合金
の順になります。
価格は
ナイロン=ABS樹脂<<ポリカーボネート<<アルミニウム合金
の順に高いといった感じです。

スーツケースの材質 メリットとデメリット
材質 メリット デメリット
ナイロン 軽い
・安い
強度が低い(摩擦に弱い)
・耐久性が低い(劣化しやすい)
・耐水性が低い(雨に弱い)
ABS樹脂 安い
・そこそこ耐久性が高い
重い
・日光による劣化する
ポリカーボネート 軽い
・耐久性が高い
薄くてペコペコと凹む
・価格が高め
・日光による劣化する
アルミニウム合金 耐久性が高い
・強度が高い
・高級感がある
価格がかなり高い
・かなり重い

フレームタイプ、ジッパータイプ、どちらが良い?

スーツケースの開閉方式をフレームタイプにするか、ジッパータイプにするかというのも、スーツケース選びでの悩みどころの1つです。
防犯性能を重視するという方やワインやジャムの小ビンなどの割れ物を入れるという方にはフレームタイプがおすすめです。特に防犯面ではフレームタイプのほうが安心です。
軽量性を重視する方や荷物は衣類が中心で割れ物は入れないという方にはジッパータイプがおすすめです。
当サイト管理人は貴重品は機内持ち込みで、割れ物を入れることもほとんどないので、基本的にはジッパータイプを使っています。割れ物を持って行くときのためにフレームタイプも持っていますが、当サイト管理人の場合は出番は少ないです。ただし、これは使う人によって大きく変わるので、フレームタイプ、ジッパータイプのメリット・デメリットをみて、どちらが自分の使い方に合うのかで決めましょう。

スーツケース フレームタイプをジッパータイプを比較、メリットとデメリット
種類 メリット デメリット
フレームタイプ 防犯性能が高い(こじ開けられにくい)
・頑丈で壊れにくい
・丈夫なフレームのおかげで荷物に衝撃が加わりにくい
・耐水性が高い(水が浸入しにくい)
重い
・開閉が面倒
・価格が高い
・荷物の出し入れするのに全開にする必要がある
・頑丈だが、歪んでしまうと開け閉めがしにくい
ジッパータイプ 軽い
・全開しなくても荷物を出し入れできる
・価格が安い
・変形することで衝撃を吸収しスーツケース自体が壊れにくい
防犯性能が低い(ファスナー部からこじ開けられる)
・衝撃が荷物に伝わりやすい
・耐水性が低い(ファスナー部から水が浸入する可能性がある)

スーツケース選び キャスターの数は?

キャスターの数は、2つのもの(2輪タイプ)と4つのもの(4輪タイプ)があります。
4輪タイプは、空港やホテル、駅などフラットな通路では4輪走行、石畳などの凸凹道では傾けて2輪走行と状況に合わせて使うことができます。機動力の高さでは4輪タイプに軍配が上がるでしょう。舗装された道路を歩くことが多い都市部への出張なら4輪タイプがおすすめです。
またスーツケースのサイズが大きくなるほど4輪のほうが安定感があります。40L以上のスーツケースなら4輪タイプがおすすめです。大きなスーツケースにたくさん荷物を入れて2輪で持ち運ぶのは疲れると思います。
2輪タイプは、キャスターの向きが固定されていてキャスターの向きがあっち向いたりこっち向いたりしないので、4輪タイプに比べて走行安定性が高く、引っ張りやすいというメリットがあります。デコボコ道や石畳など平坦な道が少ない場所を歩くことが多い出張なら、2輪タイプが比較的おすすめです。


スーツケース選びでよくある疑問???

TSAロックを使ったほうが良い?

TSAロックとは、アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁認定の施錠機構です。
当初、アメリカ国内の空港を利用する場合に鍵をかけたまま荷物を預け入れできるTSAロック機能として導入され、今ではほとんどのスーツケースに装備されています。
ただし最近では、TSA職員がすべてのマスターキーを持っておらず、検査のときに鍵を破壊するということが頻繁に発生するようになって、アメリカへの渡航(乗り継ぎ便を含む)の場合には預け荷物に鍵を掛けないほうが良いと言われています。逆にアメリカ以外の国では鍵を掛けておいたおいたほうが良いと言われています。
アメリカ合衆国認定のTSAロックにもかかわらず、アメリカでは使わないほうが良い。アメリカ以外では使ったほうが良い。・・・変な話です。。。

スーツケースのベルトは必要?

スーツケースのベルトが必要か、不要かという議論をよく目にします。
スーツケースにベルトを付ける目的は、大きく2つあって、
1.万が一、途中でスーツケースが開いてしまったときに荷物が散乱するのを防止するため。
2.バゲッジクレーム(手荷物引渡場)で自分のスーツケースを見付けるときに目立つように、分かりやすいように。
なので、スーツケースを預けない場合には必要ないですね。
スーツケースのベルトを付ける習慣は海外にはあまりないようで、付けているのはほとんど日本人だけですね。海外出張、旅行の渡航先があまり治安が良くない場合には格好の獲物されてしまうことがあるので付けないように推奨されるケースもあるようです。
ただ空港によっては預け手荷物の取り扱いがかなり手荒くて雑で、質の良くないスーツケースだと開いてしまうということもあるようです。
当サイト管理人としては、スーツケースのベルトはマストではないと思います。それよりも信頼できるスーツケースを選んで、ちゃんと正しく使う(スーツケースがしっかり閉まっているか確認する)ということのほうが大事だと思います。
さらにお守り代わりにベルトを付けるのは良いかもしれません。ただし治安の良くない渡航先に行く場合はリスクのほうが大きそうなので付けないほうがよいのではないでしょうか。

スーツケースのレンタルショップ

利用の頻度が少ない方はレンタルのほうがお得です。どのサイズがどのブランドがいいか迷っている方はレンタルで実際使ってみるのはおすすめです。


スポンサードリンク

ページトップに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る